ブラインドは修理に出さなくても自分で直せるケースが多い!

壊れたブラインドの修復

詳しく方法を調べよう

メンテナンスシールを確認

コードを何回も使っていると、摩擦が起こって切れることがよくあります。
その時になってから修理を任せる人がいますが、高額な料金が掛かるのでおすすめの方法ではありません。
コードが切れそうになったら、その時点で交換してください。
完全にコードが切れたら、素人では直せないので業者の力を借りなければいけません。

こまめにブラインドのコードを確認して、切れそうだったら交換のタイミングだと思いましょう。
ほとんどのブラインドには、メンテナンスシールが貼られています。
それにメーカー名や製造された年月、製品名が書かれているので、同じコードを用意してください。
種類が異なるコードでは、うまく取り付けられないので必ず確認しましょう。

簡単に作業を説明

コードを交換する時は、まずボトムレールの下についているカバーを外します。
それからコードをペンチで抜き出し、結び目を解いてください。
次に、新しいコードと前に使っていたコードの端を接着させます。
この時に接着が弱いと、交換している最中に切れてしまうので注意してください。

また接着している部分が膨らんでいたら邪魔なので、カッターで削ります。
そして補助コードを取り出し、コード止めを外します。
結びを解いて交換するコードを引っ張り、新しいコードと交換しましょう。
交換が終わったら新しいコードをボトムレールに入れ、新しいコードをコード止めに通して、長さを調整して結びます。
最後に、結び目を本体に固定すれば完成になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る